H26年度 広島大学 学長表彰   東 清一郎 教授


東教授は

大気圧プラズマを用いた半導体薄膜の結晶成長とデバイス応用という独自の先端的研究を推進し

半導体工学の分野における優れた研究教育及び産学連携の業績により

国内外で高い評価を得られなど広島大学の発展に顕著な貢献をされました。

この功績により、広島大学長により表彰されました。